ALFFO RECORDS NEW ARRIVALS PLAYLIST VOL.2

今週のBest New AlbumはClairo, Mia Joy, Beach Bunnyの3タイトル。Clairoの2ndはデビュー作より俄然好きだと1曲目から確信した。"Pretty Girl"でインターネットを騒がして以来、Mura Masa, Charli XCX, SG Lewis, Wallowsと共演を重ねてきたが、そのどれもが原則「ポップソング」の枠組みから大きく外れる事は無く、かつ存在感をきっちり証明する傍ら、SSWとしての業の深さは60~70sのミューズ達の如く脆弱で繊細でイマジネイティヴ。指揮をとったJack Antonoff (Taylor Swift, Lorde, St. Vincent, Lana Del Rey, Carly Rae Jepsen)は周知の名ポップ職人だが、これほどミニマムでクラシカルなチェンバーフォークに仕上がるとは誰が予想したであろう。このバランス感覚は凄い。

アーティストの両親を持ち、占星術に傾倒、Arthur Russellのカバーでクローズするこのデビュー作は、巷で言われる「ドリームポップ」とはある意味真逆にあると同時に、だが非常にフィクショナルでありつつ現実と地続きである点が興味深い。デヴィッド・リンチのぶれない作家性とのシンパシーを感じる。

 

 Beach Bunnyは最高!!以上!!